上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回記事の自作スピンドルで早速紡いでみる。
羊毛の種類も実感としてはよくわからないし紡ぎ用のは近くの店に置いていないので、手芸店にあるメリノのフェルト羊毛。

最初は繊維の引き出し方が理解できなくてぶつぶつ切れまくりだし、やっと紡げてもこぶだらけというかもじゃもじゃ。
でもyoutubeでアメリカの方が紡いでいる動画を見て、急に分かった気がしました(習いに行ったら早いでしょうね)。
いちおう続けて紡げるようになったのを双糸にしてみる。

20100915-3
意図してないけどスラブ。それも中途半端な。

20100915-2
最初の糸は編んでみたらたったこれだけでした。スラブなのでメリヤスかガーターのほうがかわいいのですが、あえてレース。
目標はレースがきれいに編める糸なので。
上のグレーはこれぐらいの細さがいいなーと思っている市販の糸。これから編む予定のアルパカシルク。

20100915-4
だいぶましになった状態。
練習してできるだけ細く、切れない撚り具合を模索中。はじめは撚りがきつかったのが修正されてきたと思う。
疏毛と紡毛の違いもようやく分かってきた。
できるだけ手触りのいい糸を紡ぎたい。サイズ違いを作ったら太い糸もやってみる。
しかし楽しい~長続きしないかもと思っていたけどおもしろい。色混ぜたりしてみたい。
スポンサーサイト

| main |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。