上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20110513-1
Zのバッグ by michiyo
着回し自在なニットのふだん着  -リネン、コットンで編む-  amazon
着回し自在なニットのふだん着  楽天ブックス

これいいです。ニットバッグなのに本当に伸びにくい。
この写真はできたてじゃなくて何度も使ったあとですが、大丈夫です。
物を入れたときの表面のぼこぼこ感もあまり気になりません。
編み針なんかのとがったものは入れられないですが普通にこれで外出できます。

糸はコットン100%でベージュと紺はそれぞれメーカーが違うもの。見た目に気にならなくてよかった。
指定より細めの糸なので段数は増やしています。ボーダー部分も増やしています。
サイズは毛糸だまがゆったりと入るぐらい。
ずっと同じ模様ですが、好きな感じなので楽しく編みました。


20110513-2

ニットバッグは今までラベリーなんかで見るの専門でしたが、いいですね。
細編み以外で細い糸で編めて適度に薄手にすることもできるんですね。
太い糸などでもいろいろやってみたいです。

michiyo先生(と勝手に呼ぶ)のブログにこれのベースが青のバージョンが載っています。
これまた素敵で、まねして編んでしまおうかなと思っています。
スポンサーサイト
20110507-1
Xのバッグ by michiyo
ナチュラルでかわいいかごバッグ&帽子 楽天
ナチュラルでかわいいかごバッグ&帽子 (SEIBIDO MOOK) アマゾン

まだ寒いぐらいの時期に編んでしまいました。ようやく使えそうです。
かっちりしたデザインでかっこいいです。
写真が暗くてすいませんな感じですが実物はとても素敵。今からヘビロテできそう。
こういう形のかごは持っていないのでなんかうれしい。

まったく指定どおりにエコアンダリヤの23番とハマナカの持ち手使用。
使用量も6玉目が半分ぐらい余るので220gぐらいで本の通り。
口ががばっと広くてこのままだと不安なので、このあと夏らしい生地で内袋かふたを作るつもり。


20110507-3

ゲージどおりに編めているのですがこのぷくっと膨らむ模様がどうもうまく膨らまない。
編み方を間違ったのかもしれない……?
それと私はかぎ針の編み地がゆがみがちなのでかなり気をつけて編みました。
編んでいくのは楽しかったけど、編み図を読み取るのが苦手なので何度も間違えて
ちょっと糸がよれってしまったな。スチームでカバーしました。
まったくの平面ではなく自然にまちができて使いやすそうな形で気に入りました。


これ以外にレディブティックシリーズかなにかの本に載っていたバッグで、
やはりmichiyoさんのデザインのエコアンダリヤスパンを使ったのが気になっていて編んでしまいたい。
20100718-2
ナチュラルなかぎ針編みかごバッグと帽子 F 細編みトートバッグ 青木恵理子

よく使っていたバッグがそろそろ古くなってきたということもあって初めてアンダリヤでバッグ。
といってもエコアンダリヤではなくセールだったアイリーのこげ茶。
この糸は廃盤かと思っていたらまだ現役なようです。
アンダリヤに普通のストレートヤーンのようにきっちりした撚りがかかっていて、
編み心地も出来上がりもエコアンダリヤよりもかためですっきりした雰囲気。
パターンと違うのは毎段の立ち上がりをなくしたこと。目数はそのまま。多分見本より小さめにできたと思う。
内布なしで適当に布をかぶせています。これでふたになるように作ればいいんですが私には面倒。
かぎ針でネットを作ってふたにしてもいいかなぁとも思います。
私は細編みをすると斜行してしまうのですが気にせず使います。次は気をつけて編んでみる。
使い心地も意外とよくて気に入りました。
今は知人に向けてきれいな色のエコアンダリヤでバッグを編んでいますがアイリーよりも編みやすい。色もいい。
てかりも形になってしまえば気にならないし(色によるかもしれないですが本当に思っていたよりもぜんぜん気にならない)、
一般のかごバッグより柔らかくできあがるのもこれはこれで持ち味な気がします。自分用にも今度は派手なのを編んでみたい。


20100718
ただいまの編みかけの一部。めずらしく?身頃を別に。まだあと3つぐらいあってなかなか進まないー。
20100521
初めてのアイリッシュ・クロッシェレース  小瀬千枝
風車のバッグ

今なぜかこんなものを。Blossomはあと袖が少し、その他は進んでおらず。
本を見たときにこのバッグのデザインに惹かれてしまい、ずっと編もう編もうと思っていたもの。
この糸は別のものを編むつもりで買って、雰囲気が古く感じてなんとなくいまいちだなーと思っていたのですが
こういうクラシックなパターンにはしっくりきて良かった。
かぎ針編みしてみて始めて気に入った。色もいい白。
もっとマットで太めの糸だとかわいい感じになりそう。
なんだか楽しい。完成するととてもかわいくてなにも入らなさそうな小さいバッグになるはず。
ただここからが難しそう。初めての、というぐらいだからこれでも簡略化した編み方なのでしょうが、
私から見ると十分に手が込んでます。



この方の本はどれも素敵。
新刊小瀬千枝のニットパターンワールド500も良かった。つぼをついている感じ。
Brea Bag 4
Brea Bag by Norah Gaughan
本体だけできてしばらく置いてあったのを一応の仕上げ。裏布がまだ付いていない~。
自分が思っていたのより大きくなってびっくりしたのと(Berrocoサイトでマネキンが持っている感じより少し大きいような気がします)、そのせいで持ち手はどうしよう状態になってしまいしばらく放置してしまった。こうして形にして、実際に持ってみるとちゃんと使えそうでよかったよかった。
本体の編地は思ったよりしっかりしているのだけれど大きくなってしまっただけに自重で伸びる前に裏布付けないと。
まちの長さというかどれぐらいの加減でパネルとはぎ合わせるか決めるのに何度かやり直した。最初はゆるすぎになって形が決まらなくて鹿の子の編地が伸びすぎずゆるすぎず無理のない感じにしてみた。
Brea Bag 5
持ち手は3パターン考えて一番単純なのにしたんだけれど、かなり硬い編地になったし今のところ補強材は何も使わず。今からでも補強できるのですがしばらくこれで。リングは木製でつやつや。案外存在感が出た。もう一回り大きくても良かった。

20081112-2
糸が少し太すぎたようで7部袖のセーターぐらいの重さはあるなー。小さめのトートバッグという感じの大きさ。肩にかけるつもりで持ち手の長さを決めたけれど、小脇に抱えるバッグにしては本体が少し大きい。ベルトの長いショルダーバッグみたいにしたほうがいいかな。最初に思い込んでいた小さいサイズが頭から離れない・・・・・・というわけでもうひとついこうかなー。



| main | next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。