上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20130203-5
Clarity by Kim Hargreaves
Cherished

糸:工業用糸引き揃え アルパカウール?
針:7mmかぎ針

2年ぐらいまえに編んでずっとヘビロテなのになぜか載せていなかった。
たっぷりしているのが最近の服装に合ってほんとうによく使っています。
先を垂らしてもいいしぐるぐるにするとスヌードっぽくて、
縁のなみなみがかわいいです。

20130203-4
太いかぎ針でざくざくといってもサイズが大きいので結構時間はかかった。
お気に入りです。
スポンサーサイト
20111115-1
Almeara Gloves by Jared Flood
Vogue Knitting(Designer Knitting), Winter 2008/09
糸:合太か並太のウール100%、詳細不明

昨冬編みました。
指なしのを編んだことはあったけれど、指あり手袋は初めて。
なんとなく複雑そう、難しそう、時間かかりそう、と躊躇していたのが馬鹿らしくなるほど
あっという間にできてびっくり。手って小さい。
まず左を編んで手首から手のひらの辺りがぶかぶかだったため、右はきつめに編んでぴったり(良くないやりかた)。
針を1号細いので編んだほうが良かった気がする。

20111115-2
指は5本それぞれ模様が違う!楽しい。作り目も楽しかった。
模様がきれいでうっとり。ツイード糸でも編んでみたい。

20111115-3
もこっとかわいい仕上がり。
ベリー系パープルカラーはシックにも使えて好き。



20121025-4
ヘリンボーンの手袋 Herringbone Gloves
たた&たた夫の編物入門
糸:Jamieson & Smith 2ply Jumper Weight 9143,FC6 2玉ずつ
針:2号15cm5本針

20121025-11
前からずっと編みたいと思っていたけれど、編みこみが苦手で躊躇していた作品。
Ravelryでsaartjeknitsさんという方が編んだものを見て、
あまりのかわいさにそのままの色で糸を買ってしまいました。
濃いピンク系の赤に薄い白ピンク(というか赤白の杢調)という、
いちごにいちごミルクみたいな色合わせだけど、
素朴な雰囲気の糸なせいか嫌味がなくていいです。

20121025-5
この糸はフェアアイルの作品でよく使われているのは知っていたけれど、使うのは初めて。
ごわごわでふくらみがあって編むそばから絡み合っていくので、
編み込みに最適!ということがよく分かった。
編み込み初心者ほど、こういう糸を使ったほうがうまく編めるってことなんだな。

20121025-6
編み終えて洗うと、ごわごわだったのがちゃんと柔らかくなりました。
もちろんカシミアとかそういう感じではないけどちくちくもしない。
パターンは意外にも覚えやすく、あっという間に編み上がる。
おしゃれだし、自分の指に合わせて編めて、本当に暖かいし、素晴らしいです。

20121025-17
編み込みは、ヤーンガイド?を自作してみたら具合が良くてすいすいできるようになった。
朝鶴さんで扱っているニッターシンブルが売り切れだったので
ステンレス線を買ってきてぐるぐる曲げたら普通に使える。
ちょうどいい緩みの具合が分かってきたから、
こういう道具なしでも編みこみができるようになる、かもしれない。
周りに編みこみをする人がいなくてきれいな編地の感じがよく分からなかったっていうのもあるのかな。



20121025-12
手袋  STUDIO エフ
手づくりタウン
糸:Jamieson & Smith 2ply Jumper Weight 202 2玉、54 1玉
針:4号かぎ針

これも編みたいと長らく思っていたもの。
編んでみてやっぱりいいです。こま編みってかわいい。
グレーはもう少し濃い色。

20121025-13
糸が指定より少し細いのか、私の編み方がきついのか、
手にはめると思ったよりきつめな仕上がりになった。
次はこの色、と思いついたのでまた編むと思いますがその時はサイズに気をつけなければ。

かぎ針の手袋であと2つ気になっているのがあるのでそれも編みたいな。
靴下も手袋も結構ちゃんと使っていてすごく気に入っていることは自分でもびっくり。


気になっている本

書店で見ましたが良かった。あまりこういうタイプの編みこみものに惹かれる方ではなかったけど、
これに載っているのは気に入った。糸の雰囲気とか色使い、模様が好み。
写真も大きくはっきりしていて写真マジックでない感じ。
素朴だけど子供っぽさ、のっぺり感がなくて、
糸とデザインがよく合ってると思った。本場ものだから当たり前だけど。
編みたいのは3作品ぐらいだけど写真(羊や馬も)がきれいだしちょっと高いけど買おうかな。
ただ糸量や色番は記載がなかった。
20110923-1
Ishbel by Ysolda Teague

ダークグレーのカシミアで編んでみた。
今年はこういう暗いグレーが気になる。あとはっきりしたきれいな色。

20110923-2
予定では模様を増やしてLサイズより大きく編むつもりだったのに
編み進めてみたら十分に大きいのでそのまま。
ブロッキングはそれほど引っ張らなくても指定より大きくなりました。
手がゆるかったかな。
薄いアウターの上に巻きたいと思いつつ編んだのですが、
三國さんの『きょうの編みもの』が発売されたので見てみたらショールの写真のイメージが近かった。

20110923-3
工業用糸ですが編んでいるときはそっけないけど縮絨後はまったく違う手触りになってそれが楽しい。
ちょうどいい毛羽と弾力、つや、なんと言ってもなめらかさ。
やっぱりカシミアはいいな。
このパターンは気に入りました。
ふちの色を変えてまた大きいサイズで編みたいな。


手指を傷めていました。
ちょっとした動きでも今までのようにできなくて閉口。
治ってきたのでたくさん編むぞー。

本は2冊購入済み。増えていきそうな気はする。
20110810-4
横長三角ショール
模様はLittle Shells by Holly Griffin-Weidnerから
・普通の三角ショールを少し変えて横を長く、縦を短くした
・背骨部分は穴が開かないやり方
・リネンシルク

20110810-1
夏のショールとして編んでみた。
巻かずに、ただかけただけで広い肩をカバーして、しかも大きすぎない雰囲気にしたくて、横に細長くしたら、とふと思ってやってみてうまくいった。
ブロッキングで無理やり横に引っ張ったわけではなく、編み上がりがこういう形。
前に編んだEneと比べてみたら、横は同じ、縦は3分の2ぐらいの大きさ。
肩にかけてみるとサイズ感ぴったり。
模様は写真ではあまりはっきり写らなかったけど貝みたいでかわいい。
段数を増やしても目数の調節もやりやすく助かった。
とげとげは出さなかったけどこれは出しても良かったかな。

20110810-2
背中に垂れる部分が短いバランスが気に入った。

20110810-3

おそろしく暑いですが少し涼を感じられるかな。
などと言いつつ編みこみのソックスとかあれとかあれとかを編もうとしているよ。ウールで。
毛糸だま151は良かった。
20110514-2
ランダムボーダーストール
40羽

暑い時期の日よけ用ストール。

だいぶ前に手織り機を買って、いまだ練習中なり。
準備がちょっと大変だなと思います。どんどん織る、というところまでいきません。
織り用の道具が揃っていないのもあるかもしれない、じゃなくて手際の問題。
今のところチェックとかボーダーのような簡単な模様で織るだけで、
出来上がったものは袋にして枕カバーとか、一応使ってます。
綿とかリネン、シルクだとそれなりに肌触りがいいです。
しっかりした糸でバッグなんかできたらいいなと思います。

今回はもともとは編むつもりで買ったリッチモアのグラナダで。
この糸、いい糸だとは思うんですが、編みたかったものに使ってみたら模様がうまく出なくて、色も思ったより薄い。メリヤスとか単純なアイレットには向いていそう。
巻物用に少量しか買わなかったので他の用途を考えていて、織りに。

途中でやっぱり白い糸が足りないよね、ということでランダムに切り替え。1回巻いてちょうどいいぐらいの長さ。
糸量とにらめっこでぎりぎりまで長くできるように計算して幅を決めて縦糸を張ったのですが、それはうまくいった。
難しい感じの糸だけどとりあえずふちの部分はまあまあきれいにできた。絡まりやすいので縦糸の扱いは要注意な感じでした。
織り地の出来は……使えなくもないでしょう。


20110514-1
ぼやけたような写真ですが本当にこういう薄い色。
スラブで色の濃淡もつやもあって近くで見るとわりと雰囲気はいいです。
もうちょっとコントラストのある濃い色のほうが好みですが巻いてみると地味ながらもなかなかいい感じ。
バッグに放り込んでおいてもこの写真の程度のしわ具合なので気軽に使える。
肌触りはリネンにレーヨンやナイロンが入っている割には乾いてしゃりっとくたっとして夏向き。
真夏なら、この薄い色もいいかも。
もう少し慣れたら高級糸でストール、良いなー。

似たような素材でパピーのロアンヌを編んでみたい。あとサン・ジルも。
今度実物を見てこよう。

| main | next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。