上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20100105-1
Fern Glade by Megan Marshall
Knitty Winter08

この糸はもとはPoromを編む予定だったのですが、なんとなく模様いっぱいのを編みたくなって変更。鹿の子にシダ柄?ぼこぼこしてきれいな模様です。後ろに垂れる大きいタイプのほうで編みました。
帽子の形の仕上げでお皿を入れて好きな大きさに伸ばすやり方があるみたいで、今回はそれをやろうと思っていたら、編み上げた時点で十分にゆったりタイプになってしまいました。指定より少しゲージが大きい糸でした。

20100105-3
ゆったりなほうのパターンで、ウール100%の合太毛糸80~90g。濃いブルーで模様が写りにくいので夜間に白めで撮りました。
次の帽子はやっぱりknittyのShroomにいきたいなぁ。旬な形だし早く編みたい。
スポンサーサイト
20090607-8
20090607-9
クロシュ(P.30) 岡本啓子 『冬のおでかけニット』 雄鶏社
指定はエクシードウールですがもっと太い夏糸で編みました。

今までわりといろいろな夏向け帽子のパターンを編んでみていたのですが、
私の頭の形のせいなのかクラウンの形があまり気に入らず試行錯誤していました
(それでもできたものはかぶっていましたが)。
ようやくきれいな形になったので気に入って使っています。
上記のパターンを参考に模様の編み方をお借りして目数段数などはまったく変えています。
テクノロートは最終段だけ入れていますが、糸が太いのでさほど効果はありませんね~。
入れるならブリム全体に入れたほうが効果的だった。
共糸で紐を編んで通しています。
この模様とてもかわいいです。
もともと冬向けのパターンですが夏に使ってもなかなかいいのでは。

この本素敵だー。他にも編みたいものがたくさんあります。
20090103-1

PI TOPPER CHEMO CAP by Corey Laflamme

賀正、ということで今年の最初は帽子。急遽編んだもの。引き揃えの糸が太かったみたいでクラウンが緩め。ベレーとして見ればとてもよい感じ。ゲージはぜんぜん合っていない。かぶり口は伸縮があるので被れるしかわいいしちょっとゆるいだけでデザイン的には問題なしですがジャストサイズのがほしかったんだった。次はちゃんとした糸で編もう。フェルト化してみようかな。よくからみそうな糸だし。
重なる部分はメリヤスにして先は丸く変えた。最初パターン通りガーターで編んでみて特に問題なかったです。このパターン大好きだ~。
色はもっと濃いチョコレートの色。次は青かなにかがいいなぁ。
20081016-1
Cabled Beret by Debbie Bliss
Debbie Bliss Knitting Magazine Fall/Winter 2008

こういう帽子がほしかったのです。ゆるっとがばっとかぶるタイプの。頭にちょこんとのせるのじゃなくて、とにかくがばっとしたやつ。
編み上げたものはベレーっぽくない普通のニット帽の形をしているように見えるのですが(写真はかぶり口のゴム編みを横にびーっと伸ばして撮った)、かぶるとやはりベレーでした。写真で受ける印象より大きいです。


20081016-2
人がかぶるともう少しゆとりがあるというか頭をすっぽり覆うというかフードをかぶっているような、顔周りにゆったりした編地が来てかわいいんです。すでにかぶって外出しましたが別に脱げるということもなくかぶり心地も問題なかったです。


20081016-3


もうひとつ編もうと思うのです。モヘアを添えるとかいろいろやってみたいと思います。てっぺんに何かつけてもいいかも。
20080229-1

BONNIE by Kim Hargreaves
Heartfelt
Heartfelt
やっと、ですが完成。
見た目だけで、つまりレースの美しさに惹かれて編んだのですがかぶってみると結構いい感じで、実用できそう。
指定より細めの麻糸で少し雰囲気が変わったかな。指定の糸だともう少しカジュアルな迫力が出るような気がします。
輪ではなく往復編み、とじてからふちをかぎ針で編みます。とじ目はよく見るとわかる程度でうまく模様にまぎれます。ふちはかぎ針ではなく棒針で編むやり方も載っています。そんなに難しいパターンではないと思います。かなり短期間で編めるはずのものです(私は時間かかりすぎでしたが)。


20080229-2

写真は少し模様が飛んでしまっていますがもっと繊細できれいです。ねじりで模様が立体的に浮き出ています。
編みあがった時点で耳の上に余裕でかぶれるぐらいの大きさでしたが、試着してみてふわっとゆるくかぶった方がかわいいと思ったので横に引っ張ってスチームを当てました。
帽子を仕上げるための型は持っていないのでTシャツやらタオルやらを詰め込んでいる情けない図。


20080229-3

これはぱんぱんに中身を詰め込んでいますので実際にかぶるともう少したるみが出てベレーっぽさもあります。ふちがピコット風なのが気に入っています。
思ったより普通に使えそうです。春もの第1号。

| main | next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。